介護ソフトの導入で入力作業が苦手でも楽にこなせるようになる

キーボード

介護施設で、スタッフの負担が大きいと感じていませんか?入居者や訪問先で肉体労働を行うスタッフにとって、疲れきった状態や時間がない状況で日報や報告書類の作成を行わせるのは負担になるだけでなく、コストパフォーマンスも良くはありません。しかし、介護ソフトの導入により、これらの負担を大幅に改善することができ、パソコン入力が苦手な方でも効率化が図られます。
最新の介護ソフトは、音声入力に対応しているだけでなく、独自AIも搭載されています。音声入力ならパソコン入力が苦手な方でも対応しやすく、その場にいながらタブレットで入力ができてしまいます。タイムリーに情報の登録ができるため、事務所で時間をかけて日報や報告書類として作成することがなくなります。
また、独自AIを搭載した介護ソフトなら音声入力の誤認が少ないだけでなく、専門用語にも対応でき、文書の修正頻度も軽減することができます。さらにAIと音声認識を活用して、利用者の情報を読み出すこともできます。入力作業が減るだけでも大きな負担軽減になり、近年増えているパソコン操作に慣れない若手スタッフの早期戦力化も期待できます。まずは音声入力対応かつAI搭載の介護ソフトを導入して、文書の入力作業を可能な限りなくしましょう。

Topics