介護ソフトとネット回線で訪問介護もデジタル化が促進される

笑顔の女性

介護施設とは異なり、訪問介護は事業拠点に戻ってからスタッフが行う業務負荷が多いという問題があります。日報や訪問介護の記録など、手書きやパソコン入力するなど現場業務よりも負担がかかっていることもあります。また、膨大な紙媒体での記録管理のほか、スピーディーな情報登録と共有ができないといった問題もあります。そこで、これらの問題を解決するために介護ソフトの導入がおすすめです。
介護ソフトとタブレット端末、そしてネット回線を利用することで訪問先から登録された情報がサーバーに保存され、本部と速やかに情報共有ができます。つまり、これまで紙媒体で受け渡していた情報が時間や距離という問題を解決できるようになります。介護ソフトを使用することで、本部では次回の訪問予定を速やかにスケジュールに組み込めるようになります。
また、紙媒体での受け渡しがなくなることで、入力漏れや紛失などのリスクも軽減できます。さらに介護ソフトを利用することで、訪問対応するスタッフが変更となった場合でも同じ情報を特段の準備なしで行うことができます。これまで紙資料を探して熟読していたものが、タブレットで簡単に検索でき、必要な情報を現地で得ることも可能になります。介護ソフトで紙媒体での管理を廃止し、訪問介護の負荷軽減を検討してみましょう。

Topics